2015年5月アーカイブ

妊娠をキッカケに歯周病になる。

妊娠したことをキッカケに歯周病の検査に行きました。
検査結果では、状態がとても悪く成人性歯周病になっていると診断されました。
妊娠してから歯を磨くと毎回血が出ていたので心配はしていましたが、いざ自分が診断をされて将来歯が無くなるかもしれないと言われたらビックリしました。
妊娠が終わって出産したら自然治癒するかと軽く考えていましたが、しっかり治療をした方がいいとオススメされて通院を始めました。
検査をするまでは、血が出ることが怖くて歯磨きは手短に済ませていました。
それでも歯磨き粉が真っ赤になるくらい出血はしていました。
歯茎近くを磨くと血がにじみ出てくるのが見て分かるくらいだったので、すぐに歯磨きを終わらせていました。
しかし、その歯磨きの仕方は間違っていたみたいで、血は出したほうがいいと言われました。
歯医者さんで正しい歯磨きの方法を教えてもらい、実践するようになると、血はまだ出てきますが量は少なくなったように思います。
歯磨き粉が真っ赤になっても心配せずに沢山出てくれと思えるようになってから、歯磨きは苦痛では無くなりました。

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。